FXと損失について

FXは投資取引になります。具体的には2つの異なる通貨を売買し、外国為替市場の為替相場の変動を利用して、その為替差益を求めていく投資になります。

FXには「レバレッジ」という仕組みがあります。これは、取引業者に開く口座に、証拠金と呼ばれる資金をあらかじめ預けることで、実際の投資を行う際に、投資資金の何十倍もの資金を使って通貨の売買を行えるようにする仕組みになります。

例えば、1ドル100円の為替相場があったとすると、1万ドルを買うためには100万円が必要になります。ところがこれにレバレッジを25倍で効かせると、同じ1万ドルを買う資金が5万円で済んでしまうのです。
米ドルと日本円の為替相場の変動は、大きく動いた日でも1円か2円程度しかありません。
ですので、レバレッジを使わない場合は、100万円を投資しても利益は1万円にしかなりませんが、レバレッジを使えば5万円の投資で1万円の利益を得ることができるのです。

ただし、このレバレッジにはリスクもあります。レバレッジは使える資金を増やし取引できる通貨の量を多くするだけなので、万が一損失に為替レートが動いてしまった場合には、その損失も大きくしてしまうのです
先の例を使えば、1ドルが99円になってしまった場合には、5万円の投資で1万円の損失が出てしまうことになります。

このような事から、レバレッジを使うときには細心の注意が必要で、予測がしっかりとしていて見込みが強い場合などは大きなレバレッジを使い、そうでないときはレバレッジ小さくするなどしたり、為替レートが損失方向に動いた場合には、すぐに保持している通貨を決済してしまい、小さな損失のうちに取り込んでおくなどのリスク管理が必要になるでしょう。

レバレッジを大きく使っている時に、特に気を付けたいことの一つに「ロスカット」というものがあります。
これは取引業者が、顧客の資金が大きな損失で失われてしまわないように、保持している通貨に一定の含み損が出た場合に、そこで強制的に決済注文をして損失が出たまま終了させる仕組みになります。
こうすることで、顧客が借金を抱えるような大きな損失を避けるのですが、それでも、預けている証拠金の大半が一瞬でなくなってしまう事態になります。

こうしたリスクを避けるためにも、FXでは損失の管理をしっかりし、レバレッジなどは適切に使っていくことが必要になるのです。